しらかばーん

しらかばーん

サウナ、筋トレ、音楽、漫画等とりとめのない垂れ流し。

コーヒーはダイエット・脂肪燃焼に効果的!おすすめの飲み方、摂取量も解説!

f:id:Frosciante:20180212223746j:plain

眠気防止に効果があり、食後によく飲まれるコーヒーですが、脂肪燃焼に効果があるんです!
今回はそんなコーヒーの効能について紹介していきます。

 

コーヒーの何がダイエット、脂肪燃焼に効くの?

カフェインです。世の中、色々と脂肪燃焼に効く成分として紹介されているものがありますが、カフェインはその中でも効果が実証されていて効果が高いものです。

コーヒーにはその他にクロロゲン酸というポリフェノールの一種が脂肪の分解、蓄積の防止に効果があると言われています。

 

おすすめの飲み方は?

ブラックのホットコーヒーで飲んで下さい。
ミルク、砂糖を入れると脂肪や糖質が入っているのでカロリーが上がっていまいます。

ホットの理由は、そのほうが吸収が良い点と体を冷やさないという点です。体の温度が高いほうが代謝が上がってよりカロリーを燃やしてくれます。

あと、ドリップで淹れてもらったほうがカフェイン、クロロゲン酸が多いです。でも利便性を考えるとインスタントに軍配が上がります。カフェイン、クロロゲン酸がなくなるわけではないので。(私もインスタント派)

 

どれくらいの量を摂取すれば良い?

特にきまっていません。というより摂取のし過ぎに注意すべきでしょう。
カフェインへの耐性は人によって様々だからです。一気に摂取すると動悸や頭痛などの症状を起こすことがあります。

参考までに記すと、世界保健機関(WHO)では妊婦さんはコーヒーの摂取量を一日3~4杯までにするべきとしています。
カナダ保健省 (HC)では健康な成人の1日のカフェイン量を最大400 mg/日とするべきとしています。

コーヒーは100g中に約60mgのカフェインが含まれています。
カップ1杯は150gくらいなのでカフェイン量は1杯90mgくらいと推測できます。

自分のカフェイン耐性がわからない人はまずは一日3~4杯を限度に少しづづ試してみてはいかがでしょうか?

 

飲むタイミングは?

効果的なのは運動する15~30分程度前です。コーヒーを飲んでから15~30分程度でカフェインが体に吸収されます。
カフェインは脂肪燃焼を促進させてくれるので、運動する前に飲むことで効果アップが見込めます。

あとは一気にカフェインをとると体に良くないので何回かに分散させましょう。
また、睡眠の質が落ちる可能性があるのでカフェイン耐性が弱い方は夜以降は飲まないことをおすすめします。

 

私の飲んでいる(好きな)コーヒー

ここで私の飲んでいるコーヒーの紹介です(笑)

上記の通りコーヒーの効能やらについて書いてきましたが、味って結構大事だと思うのです。毎日飲むものですし。そして味の好みって個人差あると思うのです。
もし私の味の好みが購入するコーヒーを決める指針になればと思い、ここに記すことにします。

ちなみに私のコーヒーの味の好みを書いておくと、酸味があるものは苦手、苦味寄りものが好きです。
そして、いちいちドリップするのも面倒なのでインスタント派。
いくつか飲んで試した結果、こいつが一番飲みやすかったです。

 

まとめ

ボディビルダーなどボディメイクの達人も愛飲しているコーヒー。脂肪燃焼の強い味方になってくれます。
味も楽しみつつ、引き締まった体を手に入れるために飲んでみてはいかがでしょうか?