しらかばーん

しらかばーん

サウナ、筋トレ、音楽、漫画等とりとめのない垂れ流し。

フジロックにおすすめの靴はこれ!トレッキングシューズ?長靴?ブーツ?靴選びのポイントも解説!

f:id:Frosciante:20180502102322j:plain

フジロックでの重要アイテム『靴』。
疲れ、雨、舗装されてない道などを乗り切るための強い味方です。
間違って普通のスニーカーやサンダルなんかで行ってしまったら、もう大変。
しっかりした機能を持った靴を履いていきたいところ。
でも、せっかくだから機能面だけじゃなくてフェスファッションとしても楽しみたいですよね!?

そこで今回はフジロックでの靴選びのポイントとおすすめの靴をご紹介していきます!

靴選びのポイント!

フジロックは『アウトドア+フェス』です。
ただの夏フェスという訳ではありません。アウトドアの要素が入ってきます。

超高確率で雨が降りますし、道も舗装された道路ではありません。
夏に開催されますが新潟の山の中ということもあり夜になると冷えます。
加えてライブでは人ごみ中、足を踏まれたりすることもあると思います。

そんな過酷な環境を乗り切るための靴が必要です。

「じゃあ、どんな靴選べばいいの!?」って方のために、まずは靴選びのポイントを3つ+α書いていきますね。

 

①雨の対策は必須

フジロックは雨が降るもの!」と思って行ったほうが良いです。
ここ10年くらいで3日間とも雨が降らなかったのは2回くらいだったと思います。
防水、耐水に優れた靴を選んだほうが良いです。雨で靴の中に浸水して足が濡れると体力が奪われますし、濡れたままにしておくと夜になって気温が下がると冷えます。

 

②疲労を軽減してくれる靴を選びたい

ステージ間を移動したり、ライブを見たりと足を酷使します。
フジロックでは入口から一番遠いステージまで歩いて20~30分かかります。
たくさん歩いたり、立ちっぱなしでも疲れにくい軽くてクッション性が効いた靴を選ぶことをおすすめします。

 

③安全面(ケガをしないこと)も重要

フジロックは山の中で行われます。舗装された道路ではなく砂利や小石だらけです。
またライブ会場では人ごみの中、足を踏まれることもあります。
サンダルなど無防備な靴で行くと痛恨の一撃をくらう恐れがあります。

 

番外 もちろんフェスファッションとしても楽しみたい

せっかくの夏フェスってことでフェスファッションを楽しみたい!という方もいらっしゃるかと思います。
最近はアウトドアブランドから良いデザインのトレッキングシューズなども出ています。

 

おすすめの靴

先ほど上で書いた靴の選びのポイント(雨、疲労、安全)を満たした靴は?というとトレッキングシューズ、長靴、ブーツです。
それでは具体的におすすめの靴をそれぞれのカテゴリー毎に紹介していきます! 

 

トレッキングシューズ

まずはトレッキングシューズから。個人的に一番おすすめなのがトレッキングシューズという選択。防水素材を使っていれば雨対策はOKだし、 クッション性、安全性も高いです。

 

メレル カメレオン7ミッドゴアテックス

フジロック会場でもよく見かけるメレルのトレッキングシューズ。独自開発のフットプレート「FLEXPLATE™」により軽量でありながらしっかりとした安定性があります。

 

マムート T Aenergy Mid GTX(R)

スイスのアウトドアブランド『マムート』。海外ブランドの靴ですが割と幅広なので日本人向けだと思います。重量も404gと軽量で扱いやすいです。

 

KEEN テラドーラ ミッド

こちらはレディース用。KEENのテラドーラミッド。KEENが独自に開発した靴専用の防水透湿素材KEEN.DRYを使用した防水トレッキングシューズです。カラーバリエーションも豊富です。

 

アディダス TERREX AX2R MID GTX

私が昨年のフジロック使っていたのもアディダスのトレッキングシューズなのですが、水漏れもなくクッション性も良くいい感じでした。
私が使っていたものは廃番のようですが、よく似た仕様のこちらをご紹介。

 

長靴

重かったりクッション性で若干不安があるものの防水力は随一の長靴。(後述するインソールを入れればクッション性はある程度改善されます。)

 

ハンター オリジナル トール ブーツ

最近はおしゃれな定番長靴として有名なハンター。なんてたって英国王室御用達ですからね。フジロックでも結構履いてる人見ますね。

 

イルセ ヤコブセン ラバーブーツ RUB1

デンマークのレインブーツ、レインウェアブランド『イルセヤコブセン』。ご覧のとおり靴ひもが通してあり、履く部分の調整が可能担っています。天然ゴムのみの使用でしなやか。職人のハンドメイド長靴です。

 

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴

フジロックで一番見かける長靴といえばこれ。薄く柔らかい素材なのでショート丈にしたり小さく折りたたむことが可能です。

 

ブーツ

次はブーツです。ちょっと重く、ものによっては若干防水性に不安がありますが、デザイン性、安全性が高いです。

 

KEEN ピレニーズ

オールレザー防水シューズです。KEEN独自開発の防水透湿素材KEEN.DRYも使用されており防水しながら湿度は通してくれます。

 

ダナー ダナーフィールド

フルグレインウォータープルーフレザーとゴアテックスを使用!防水対策がされています。上位機種のダナーライトとほぼ変わらない見た目なのに価格は約半分!

 

ティンバーランド ラドフォードシックスインチウォータープルーフブーツ

ご存じティンバーランドのブーツです。こちらはシームシールド防水構造のウォータープルーフ仕様。

 

補足 インソール

インソールにも注目してほしい!これ入れるだけでだいぶクッション性違いますから!疲労具合が違いますから!ってことで2つご紹介。

 

日本野鳥の会 インソール

まず 1つ目は日本野鳥の会のインソール。そうです。長靴のコーナーで紹介した日本野鳥の会の長靴にフィットするインソールです。
長靴だとクッション性の面で若干不安があります。それを補うのがこのインソール!

 

ソフソール エアープラス

次は私の使っているインソールをご紹介。非常にクッション性が高く疲労を軽減してくれます。

 

まとめ

フジロックの靴選びのポイントは『雨対策』、『疲労軽減』、『安全性』です。(こだわる人はファッション性も。)
靴に浸水して不快な思いをしたり、ケガをしたりしてせっかくのフジロックが辛いものになるともったいないです。
靴対策をしてフジロックを楽しみましょう!


関連記事です。靴以外にも準備しておきたい服装、持ち物について書きました。

sirakaba-n.hatenablog.jp

 

関連記事です。フジロック2018に出演するおすすめアーティスト紹介記事です。

sirakaba-n.hatenablog.jp

sirakaba-n.hatenablog.jp

sirakaba-n.hatenablog.jp