しらかばーん

しらかばーん

サウナ、筋トレ、音楽、漫画等とりとめのない垂れ流し。

自己紹介って何書きゃいいんだよ!そういや新入社員研修のときボロクソ言われたな・・・

寺で修行とかもしたよ。新入社員研修。坊主はエロかったよ。何だったんだろなアレ。

てなわけで、こんにちは!フロシアンテといいます!

 

初めてのブログってことでまずは自己紹介を書いてみようと思ったけど何書いたらいいのかよくわかんないんですよね。

いやね、質問とかされたら答えやすいんだけど、自分で書くとなると何書いたらいいもんかなって思っちゃうんです。

 

「ちゃんとした自己紹介もできんのか!」って社会人なりたての頃、研修でダメ出しされたけど、どんな内容っだたのかは数年前なので忘却の彼方。(え?だからダメなんだって?すんません。)

そんなわけで自己紹介の書き方について少し調べてみたらポイントがあるそうな。自分のメモとしても下記するスタイル。

 

 

【自己紹介書き方のポイント】

ざっくりまとめると下の三点がポイントらしいです。

  1. 最初にインパクトを与える
  2. 共感を得られそうな項目を書く
  3. このブログの目的を書く 

 『最初にインパクトを与える』

要は「つかみ」。面白いこととかキャッチコピー、画像、動画なんかで最初に強く惹きつけよ!ってことらしいけど、これ結構な高さのハードル来たな。そんな技量があったら自己紹介どうすりゃいいんだぁぁあ…なんて悩まなくない?

懸垂しながら告白するレベルのインパクト。番外編連載するみたいだねいちご100%。イエァ!

 

『共感を得られそうな項目を書く』

なにそれ?って思ったけど出身地、年齢、趣味とかのことらしい。これぞプロフィールってかんじの。たしかに読んでくれた人と一致してたら少しは覚えてもらえたりする可能性はあるかもしれない。

でも、ただ単にプロフィール書くだけじゃ『共通』はあっても『共感』にはならないのでは。共感って「あー、それわかるわー!それそれ!」っやつ。ただ単にプロフィール書くだけじゃなくて、共通から共感にもってくようなことも書かなきゃってことなのだろね。そこまでもってくれば親近感みたいなものをもってもらえそう。

でもまぁ前提として、共感得るために狙って嘘のプロフィール書くんじゃなくて、ホントのこと書いた結果、共感してもらえたってのじゃないとイカンですね。

 

『このブログの目的を書く』

目的って書いてあるけど、他にも「何についてのブログか?」とか、「ブログ書こうと思った理由、主張、目標」とかでもいいみたい。

このブログはどんなことを発信、提供してくれるの?ってのを書けばいいのということか。主張、目標は 読んてくれた人が「自分と同じようなこと考えてるなー」とか思ってくれたら共感を得るってのにも繋がりそうですね。

 

 まとめ

まとめると、

  • 最初にインパクト!惹きつけ続きを読んでもらう&覚えてもらう。
  • 次にプロフィール紹介!共感を得る。
  • 最後にどんな情報を提供できるのかを書く。

なんか営業さんの売り込みみたいだな笑。

私に上手く書けるんだろうか・・・

広告を非表示にする